スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
須藤元気さんの本を読みました
会社の社長に頂いた、須藤元気という人の「幸福論」という本を読みました。
実は私、格闘技系に全く興味が無く、彼のことも名前ぐらいしか知らなかったのですが、周りの人に聞くと須藤元気を知らないというのは、かなりの常識知らずらしいのね…。反省。

格闘家の須藤さんが四国にお遍路さんに行くお話でしたが、面白くて読みやすくて、あっという間に読めました。通勤電車2往復でバーチャル四国巡礼が出来て得した気分♪

でも、それよりも何よりも、ところどころに「はッ」とさせられる文章が散りばめられていることに驚きました。あぁ、これ、これだ今の私に必要なことは。そんな気持ちになる箇所が山盛りでした。

以下は、自分の心にクッと引っかかった部分を、備忘録として。



他人を変えようとするのではなく、まず自分を変える。
真実は、自分が変われば世界が変わる。

一流の人に出会い、一流の芸術に触れる。
「本物を見る」ことで自分も一流に近づきやすくなる。

「言霊」という言葉があるように、言葉には力があり、言葉というのはエネルギー体である。
「ツイてる」と言い続けることによって、本当に「ツイてる」状態が、形となって現れる。
極力ネガティブなことは口にしない。

物でもお金でも、あるいはチャンスでも、もし自分に何か欲しいものがあったら、まずはそれを人に与えることから始めたらいいのだろう。人に与えることを惜しまない。それは結局自分に施すことにもつながる。なぜならすべては一つだから。

自分が何を楽しいと思うか。今、何をすることが一番ワクワクするか。それを基準に仕事も日常も生きることが、人生うまくいくコツでもある。自分が楽しまなければ他の人を楽しませることはできない。

迷った時は動かない。

物事を決断する時には「損得=頭」ではなく「感情=直感」を優先する。

よりシンプルであることこそ、より人間らしく生きるコツなのではないだろうか。
人生何を手に入れるかではなく何を手放すか。

実は、日々の暮らしこそが修行であるのかもしれない。

時勢が整っていないと、物事は成し得ない。
タイミングを見極める能力こそ大切。



私は結構本を読む方だと思うけど、大抵は自分の興味のあるモノや好きな作家さんの本、それから仕事で今必要と思うスキルアップの為の本等を選んで買います。多分、格闘技に全く興味の無い私は、何時間本屋にいたとしても、この本を自ら手に取ることは無かったと思います。この本とのご縁を下さった社長に感謝します。

時々は、自分の興味の範囲を超えた分野の本を読むのも大事かもしれないなぁと思ったし、そのためには、周りの人の話やお薦めをもっと聞かないといけないなぁと思いました。

自分自身を見つめ直し、自分自身と対話し、自分を変える。

いい時期にいい本に出会いました。今ちょっと人生に悩んでる人と、お遍路さんに行きたいけど忙しくて行けない人には猛烈にオススメします!!

幸福論 幸福論
須藤 元気 (2005/10)
ネコパブリッシング
この商品の詳細を見る

スポンサーサイト
【2007/04/27 01:01 】
感動した?映画・本 | コメント(6) | トラックバック(1)
本を読む。
お風呂でおぼれかけました。よしぱんです。(泳げないから結構深刻)

先週会社の経営者の方がおちまさとさんの本を三冊買ってきて、「皆で回して読んで下さい。」と言って渡して下さいました。私が借りたのは「企画の教科書」という本。空飛ぶグータンとか、学校へ行こう、内P、ぷっすまとかの企画してる人の本だけあって内容はかなり面白いヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ

ただ…何故かめちゃくちゃスローペースです。次の人に回さないといけないから早く読まないと…と思ってさっきからずっと読んでるハズなのに、気がつけば2時間前に見たあいのりの回想してたり、自分がラブワゴンにいる妄想してたりで(そんなバトンあったな…)何度も同じ行読んでます(ノД`)ウェェン

会社の皆様、明日も本を回せないかもしれませんm(_ _)m
私のだけ全然回らなかったら申し訳ないなぁ…。

…と言いつつ、眠くなってきたので、えぇ、睡眠最優先のよしぱんですので、

おやすみなさい!!

テーマ:小さな幸せ - ジャンル:ライフ

【2006/03/07 01:16 】
感動した?映画・本 | コメント(17) | トラックバック(0)
チャーリーとチョコレート工場
評判通りの楽しい映画!
ちょっとグロくて、とびきりメルヘン♪

なんと言ってもジョニーデップのキャラ作りが素敵すぎ!
去年のネバーランドの正統派男前ジョニデよりも、おととしのパイレーツオブカリビアンのぶっ飛び変身ジョニデが好きな人なら絶対ハマると思います。

「意地悪キャラが改心して最後は皆で幸せになる」ってゆー日本人的発想が無いのはちょっと残念やけど、笑えるシーンが多くて見てて楽しかった。

「チョコレート工場のシーンでは実際にチョコの匂いがしてくる仕掛けがあるらしいよ」って母親が言うので、必死で匂いを嗅いでたけどそれはガセでした☆

「映画見てるとチョコレートがめっちゃ食べたくなる」ってテレビで聞いたけど、それも別にって感じだった。でも、映画館にウォンカのチョコが売ってるらしいので、それを持って映画見たらもっと楽しめたのかも☆

テーマ:チャーリーとチョコレート工場 - ジャンル:映画

【2005/09/23 00:20 】
感動した?映画・本 | コメント(2) | トラックバック(0)
映画NANA
見てきました。
実は、恥ずかしながら原作読んでない子でした。
映画見に行く前に漫画読んでる友達に普通にストーリー言われそうになって焦った。そんくらい、原作知ってるのが常識なのね。

で、泣きました。キャストがみんな原作のイメージ通り(って、知らんけど☆)でよかった!

あと、全然泣く場面じゃないのに、スタジオで練習してるとことかライブ前の音合わせとかを見て、勝手に自分が昔バンドやってた頃を思い出して泣いてました。

漫画はまだまだ続いてるし、映画も続編があるらしいので続きが楽しみです。でも続きの内容は友達に聞いてしまったけど☆

超影響を受けやすい私。現在の着うたはもちろんNANAです☆
でもね、さっきチャーリーとチョコレート工場見てきたから、今はそっちの音楽が頭でグルグル回ってます。また感想書きます。

テーマ:NANA - ジャンル:映画

【2005/09/22 00:14 】
感動した?映画・本 | コメント(2) | トラックバック(0)
SAW
今日は学校休んで病院で検査。痛いのが大嫌いな私は病院も当然嫌いです。
ピアスの穴があけられなかったり、注射中に気絶したり、特に針で刺す系の痛みに弱い!
なのに今日は、点滴されたり麻酔打たれたり化膿止めの筋肉注射を打たれたりしてフラフラです。

そんな私が最近見た衝撃の映画がこれ。

SAW(ソウ)

複数の友達が面白いと言って薦めてくれたので見てみました。
が、めっちゃ痛いシーンが多いやん!!
幽霊とかのホラー映画は恐くないのですが、人が刺されたり斬られたりいっぱい血を流す映画は苦手です。
確かにラストは「あぁ!」って思ったし、痛みに強い人にとっては面白い映画かもしれません。


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2005/08/23 13:57 】
感動した?映画・本 | コメント(2) | トラックバック(0)
パッチギ!
ほとんど週刊ブログになってます☆
しかも旅行記事無視してます…。写真整理したらまた…。

先週は病院の検査とかあって、家にいないといけないことが多かったので、映画のDVDをいっぱいレンタルしました。ので、気が向いた時にちょっとづつ感想を書いていきます。

パッチギ!

井筒監督の快進撃です!っておすぎさんが絶賛してた通りの映画だと思う。暴力描写も激しいので賛否両論らしいけど、私は映画館で見て泣いて、DVDでも泣きました。今流行りの「絶対泣ける感動モノ」では決して無いんだけど、日韓の大きな問題を噛み締めながら主人公が歌う「イムジン川」には感動します。

60年代の京都が舞台ってことで、京都の映画館は青春を取り戻しにやって来たおじちゃんとおばちゃんであふれてました。そして彼ら、ここはあんたの家ちゃうよ~ってぐらい、映画に向かって喋る喋る!音楽に合わせて歌は歌うし、登場人物と会話はするし、ケンカのシーンが始まると「あんたら、そんなんしてたらあかんでッ!!」って叫んで止めに入ろうとしてました。こういうことが起こるのって関西だけなのでしょうか…??

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2005/08/22 17:46 】
感動した?映画・本 | コメント(2) | トラックバック(0)
ダヴィンチ・コード
ええ、オーストラリア旅行記を書くと言っておきながら、さっそくサボっているよしぱんです。理由はコイツ。

ダヴィンチ・コード

今年の5月ぐらいに学校の先生に借りたのだけど、めちゃくちゃ分厚い本が上下巻もあって、長い間手をつけずに本棚に飾ってました。で、今になって読み始めたら…
めさくさ面白いやーん!!

昨日は病院の長~い順番待ちの間も、大阪の飲み会に向かう電車の中でも夢中になって読みふけり、今日は丸一日(!)何もせずに読み終えました。

レオナルド・ダ・ヴィンチが秘密結社の一員だったこと、その秘密を解く鍵を彼の超有名な作品の数々に残していること、その秘密はキリスト教を根底から揺さぶるものだということ…

物語自体はフィクションなのですが、ミステリー小説としても凄く面白くて寝不足必至です。やっぱり、売れる本には意味があるのね。

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

【2005/08/14 02:13 】
感動した?映画・本 | コメント(9) | トラックバック(0)
映画「いま、会いにゆきます」
竹内結子をデキ婚に導いたあの映画が、ツタヤで一本だけ返却されてたので即レンタル!さっそく家族鑑賞会をしました。
不覚にもだいぶ泣いた。
原作を読んでいなかったので、内容も「死んだお母さんがちょっとだけ蘇る奇跡のお話」ぐらいにしか思ってなかったけど、後半がかなり面白かった。(原作読んだ人的にはどうなんだろう??)
「セカチュー」よりずっと良かった。(映画版セカチューは原作を世に広めて爆発的売り上げに貢献した、柴咲コウを主演にするために無理やりストーリーを作った感がある気がした。ドラマの方は原作に忠実だったけど、こっちもコウちゃん主題歌やしね☆)
「いまあい」の方は、全部見た後でもっかい最初から見たくなるような、素敵なお話でした。そりゃあ、シドウさんもユウコさんも恋に落ちるわ☆

梅雨の時期のお話なので、タイミング的にも今見るのがベストだと思います。まだ見てない人は、レッツレンタルです!!
【2005/06/11 19:39 】
感動した?映画・本 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。